ユーザ用ツール

サイト用ツール


install-goneb

go-nebのインストール

ここではGolangの環境がないマシンにGolangの環境構築からgo-nebインストールまでを解説するページです。 想定OSはDebian 10です。そのため他OSの方は適宜読み替えるなどしてください。

Golangの環境構築

Golangバージョン1.14以降が必要です。

# apt install golang-go libsqlite3-dev

環境変数の編集

export GOPATH=~/.go
export PATH=$PATH:$GOPATH/bin

あくまでもGOPATHは慣例に習っただけなので自由に指定してもらって大丈夫です。

インストール

ビルド

$ git clone https://github.com/matrix-org/go-neb
$ cd go-neb
$ go build github.com/matrix-org/go-neb

設定

.serviceファイルの作成(optional)

実行

$ sudo systemctl start go-neb

.serviceファイルを作成しなかった場合、実行時に環境変数を指定することで実行させることができます。以下が例です。

$ BIND_ADDRESS=:4050 DATABASE_TYPE=sqlite3 DATABASE_URL=go-neb.db?_busy_timeout=5000 BASE_URL=https://example.com ./go-neb

関連ページ

参考文献

install-goneb.txt · 最終更新: 2020/04/19 19:44 by eniehack