ユーザ用ツール

サイト用ツール


bridges

Bridge

BridgeとはMatrixと他のプロトコル・サービスを相互接続するためのソフトウェア群のことです。Matrixは他のプロトコルとの相互運用性も重要視しています。Bridgeに対応しているサービスは以下の参考文献から参照することができます。

Bridgeの概念

Bridgeにはいくつかの概念があります。

Portal rooms

ルームエイリアスの名前空間のチャンクを制御します。例えば”#freenode_#channelname:matrix.org”はFreenodeの“#channnelname”に対応しています。このようにしてMatrixユーザーはFreenode上のIRCチャンネルに透過的に参加することができます。Portal roomsは通常はリモートネットワーク側で管理されます。

Plumbed rooms

Plumbed roomsはBridgeを設定することで、1つ以上の特定のリモートルームに「配管(plumbed)」されます。これは誰でも実行可能です。例えば、#matrix:matrix.orgはFreenode上の#matrix、Slack上のmatrixdotorg/#matrixなどに接続されています。Matrixユーザーのアクセス制御は、必然的にMatrix側で管理されます。Matrixを使って異なるコミュニティを連携させる場合に便利です。

Bridgebot-style

Bridgebot-styleでは、相互のプラットフォームからのメッセージが、指定されたプラットフォーム上に存在するボットによって伝えられます。これはメタデータが失われるため、最適な選択ではありません。具体的に説明すると、すべてのメッセージは同じボットによって送信されてしまいますが、メッセージのテキストの先頭には元の送信者の名前が付けられています。

Puppeting

Bridgeの反対側にいるユーザーを「人形化(puppeting)」することで、ボットベースのBridgingの問題を解決します。ネイティブユーザー視点では、メッセージが正しい送信者から送信されたものとして認識されます。ダブルパペット(double-puppeting)は、Bridgeの両方向でPuppetingが行われることを意味します。これは、Matrix Bridgeを実装する際に最も好ましい方法です。

参考文献

bridges.txt · 最終更新: 2020/05/17 12:45 by blank71